トライオートFXの取引手数料とスプレッドを徹底調査トップ画像

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較

2019年12月24日

どーも!ぶーぶとにゃーんのFX投資クラブのぶーぶです!

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - .jpg

にゃーん
トライオートFXの手数料って安いのかにゃ?
トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - .jpg

ぶーぶ
他社と比較しながら説明します!

にゃーんのようにトライオートFXの手数料って気になりますよね?運用するなら少しでも手数料が低いと思うはずです。

ぶーぶもトライオートFXを運用するときは手数料が安いほうがいいな~と思いました。

今回はそんな悩みを解決できるように解説します!

この記事では

この記事で分かること
  • トライオートFXの手数料が気になる方

  • 他社と比較するとどうなるか気になっている方

  • FXトライオートを始めようと思っている方

という、疑問をお持ちの方が解決できるようにしてあります。

この記事を読み終える頃にはトライオートFXの手数料を理解でき、運用以外にもどれぐらい手数料がかかっているか把握することできます。

それではご覧ください。

※下の記事では『トライオートFXとは?その特徴やメリット・ぶーぶの運用実績など』をどこよりも詳しく説明していますのでぜひご覧ください。

あわせて続きを読む
[getpost id="3049"]

まず初めにトライオートFXとは?

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - .jpg

にゃーん
トライオートFXとはどのようなものか、約3分間の動画で説明するにゃ💕
トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - .jpg

ぶーぶ
初めての人はぜひご覧ください!

トライオートFXとは『自動売買システム』『レンジ相場内で非常にパフォーマンスに優れた』システムです。

トライオートFXを提供している会社は『インヴァスト証券』でJASDAQ8709に上場している企業です。

トライオートFXの自動売買はインヴァスト証券が提供している運用設定で、初心者でも簡単に始められるためとても人気です!

特に『コアレンジャー』や『認定ビルダー』がとても人気で、ビルダーによっては収益率が150%を超えているものもあります。

ぶーぶもコアレンジャーや認定ビルダーを運用しています!

↑↑↑目次に戻る↑↑↑

外国為替(FX)取引の取引コストとは?

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - triauto tesuuryou midasi1 1024x438

外国為替(FX)取引で取引を行う場合、必ず取引コストがかかっています。

取引コストは①【取引手数料】と②【スプレッド】の2つです。

1:取引手数料

取引手数料とは取引1回ごとにかかる費用のことを指します。

外国為替(FX)取引は必ず2回取引(往復分)を行います。

▼取引手数料の仕組み

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - triauto traripi loopifdown 1 1024x545

仮に取引手数料が1回30円であれば、往復分(2回)の手数料60円が発生します。

2:スプレッド

スプレッドとは通貨を買うときの値段【買値(ASK)】と通貨を売りたいときの値段【売値(Ask)】の価格差のことを言います。

▼証券会社のBidとAskの価格差異

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - triauto traripi loopifdown 3 1024x212

外国為替(FX)取引を行う際、【買い】で約定するとスプレッド分だけマイナスで開始します。

その理由はこのBidとAskのスプレッドによるものです。

この価格差(スプレッド)は証券会社の利益となります。

目安としてスプレッドが狭ければ狭いほど、証券会社は利益が少なくなるため企業努力している証券会社と言えます。

ぜひ参考にしてください。

3:取引手数料のまとめ

外国為替(FX)取引の往復分コストとは、[marker]【取引手数料(2回分)】と【スプレッド(2回分)】[/marker]になります。

▼FXコストの仕組み

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - triauto traripi loopifdown 4 1024x426

これから外国為替(FX)取引に行う時はこの取引コストを意識する必要があります。

証券会社ごとで違いがありますので比較してみたほうが良いと思います。

もし、取引コストが他の証券会社よりも高い場合、運用を続けるべきなのかを見極めていく必要もありますのでご認識ください。

↑↑↑目次に戻る↑↑↑

トライオートFXの取引コスト:取引手数料とスプレッド

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - triauto tesuuryou midasi2 1024x435

ここからはトライオートFXの取引手数料とスプレッドについて解説します。

トライオートFXの取引コスト(1):取引手数料

トライオートFXの取引手数料は、[marker]1000通貨あたり往復40円[/marker]です。

▼トライオートFXの取引手数料表

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - triauto tesuuryou1 1024x218
  • 1万通貨未満 ⇒ 往復40円(片道20円)
  • 1万~10万通貨未満 ⇒ 往復20円((片道10円)
  • 10万~50万通貨未満 ⇒ 往復10円((片道5円)
  • 50万通貨~ ⇒ 無料

トライオートFXを運用するときは1000通貨で運用することが基本となりますので、40円の取引手数料がかかると覚えておきましょう。

トライオートFXの取引コスト(2):スプレッド

次にスプレッドを確認しましょう。

▼トライオートFXのスプレッド表(期間:2019年11月)

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - triauto spread 1024x514

トライオートFXのスプレッドは『ドル円(USDPY)は0.3pips』『ユーロ米(EURUSD)は0.3pips』です。

しかし、スプレッドだけでは手数料として高いのか安いのか分かりませんね。

ここまでのまとめ:トライオートFXの取引コスト

ドル/円(USD/JPY)を1000通貨で運用したときの取引コストは合計で43円になります。

▼トライオートFX:ドル/円(USD/JPY)取引コスト表

 

  トライオートFX
取引手数料 +40円
スプレッド +3円(0.3pips)
合計 +43円

これでトライオートFXの取引手数料とスプレッドがいくらかかるのか把握できたと思います。

次はトライオートFXの取引コストが他社と比較してどうなのかを確認していきましょう。

↑↑↑目次に戻る↑↑↑

トライオートFXと他社の取引コスト(手数料・スプレッド)比較

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - triauto tesuuryou midasi3 1024x437

ここからはトライオートFXとループイフダン、トラリピの取引コストを比較していきます。

トライオートFXと他社比較(1):取引手数料

取引手数料を比較すると、トライオートFXのみ取引手数料がかかっています。

▼各社の取引手数料表

取引量
(往復)

トライオートFX ループイフダン トラリピ
1000通貨 40円 無料 無料
10,000通貨以上 20円 無料 無料
100,000通貨以上 10円 無料 無料
500,000通貨以上 無料 無料 無料

※2019年10月17日調査

リピート系自動売買を運用するときの通貨枚数は1,000通貨が基本となります。

そのため、トライオートFXよりループイフダンやトラリピは無料という状況です。

しかし、トライオートFXの取引手数料は40円かかりますが、スプレットを極狭にしています!

トライオートFXと他社比較(2):スプレッド

トライオートFXのスプレッドを他社と比較すると一番狭いスプレッドでした。

ドル円で比較するとトライオートFXは0.3pips(3円)であり[marker]各社より7倍~10倍も違いがあります 。 [/marker] ※1pips=10円

▼各社のスプレッド比較表

通貨 トライオートFX ループイフダン トラリピ
通貨数 17通貨 14通貨 12通貨
USD/JPY 0.3 2.0 3.0
EUR/JPY 0.5 3.0 4.0
GBP/JPY 1.0 5.0 1.1
CAD/JPY 1.9 5.0 4.3
AUD/JPY 0.6 4.0 5.0
NZD/JPY 1.7 6.0 7.0
TRY/JPY 6.5 7.0 6.0
ZAR/JPY 1.8 7.0 2.3
CHF/JPY

2.0

4.0 -
EUR/USD 6.0 2.0 3.0
AUD/USD 1.4 4.0 4.4
AUD/NZD 6.0 6.0 -
MXN/JPY - 7.0 1.0
NZD/USD 2.0 6.0 3.3
USD/CHF 2.0 - -
EUR/GBP 2.1 - -
GBP/USD 1.5 - -
EUR/AUD 2.0 - -

※1:単位 pips  ※2:参照期日 2019年10月17日 

上の表を見て頂くと分かるように、トライオートFXはスプレッドを他社よりも一番低く設定していることが分かります。

スプレッドを徹底して狭くしていることは、インヴァスト証券の企業努力ですね!

トライオートFXと他社比較(3):まとめ

最後に3社が同条件で取引したときに得られる最終利益を確認しましょう。

結論からお話しすると、3社のなかでトライオートFXは2位でした

■取引条件

  • 通貨ペア ⇒ ドル/円(USD/JPY)
  • 通貨枚数 ⇒ 1,000通貨
  • 取引 ⇒ 往復取引(約定・決済)
  • 決済した利益 ⇒ 1,000円

上の取引条件で3社を比較すると

▼結果はこちらです

 

トライオートFX ループイフダン トラリピ
取引利益

1,000円

1,000円 1,000円
取引手数料
(往復)
40円 無料 無料

スプレッド
(往復)

6円 20円 30円
最終利益 954円 960円 940円

※2019年10月17日調査

上の表を見て頂くと分かるように、トライオートFXは3社中、2位という結果でした。

しかしながら、1位のループイフダンと6円程度の利益差になりますので、正直気にならない程度だと思います!

まとめ~ トライオートFXの手数料は高くない!

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - triauto tesuuryou matome 1024x575

トライオートFXの1回の1,000通貨取引では『46円』の取引コストがかかります。

取引コストを他社と比較しても全く問題ないレベルです。

つまりトライオートFXを運用してもOKというこですね!

それではこの記事をおさらいしましょう。

この記事のまとめ
  • トライオートFXの手数料が気になる方
    ⇒1回の1,000通貨取引で『46円』の取引コストがかかる

  • 他社と比較するとどうなるか気になっている方
    ⇒トライオートFXは2位 ※大きな差は無い


  • FXトライオートを始めようと思っている方
    ⇒取引コストの差は無いので安心して運用できる

一緒にトライオートFXを運用してコツコツ利益を稼いでいきましょう!

 口座は無料で開設できます!5分程度です!!

トライオートFXの始め方は?

トライオートFXをはじめる方のために特徴やメリット・Q&Aなどを学んでご自身で運用できるような設定内容をまとめてあります。

トライオートFXを始めてみようと思っている方はぜひご覧ください

トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較 - 0116 4コマ 納品用データ 1

-トライオートFX, トライオートFXの取引コスト(手数料・スプレッド)を徹底調査~他社比較, トライオートFXの基本編
-, , , ,

Copyright© ぶーぶとにゃーんのFX投資クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.