ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - loopifdown ryoudate top1 1

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法!

2019年10月21日

どーも!ぶーぶとにゃーんの投資クラブのぶーぶです!

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - .jpg

にゃーん
両建てって耳にするけど、やったほうがいいのかにゃ?
ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - .jpg

ぶーぶ
お答えします!

にゃーんのように、ループイフダンで両建てする意味を分かっていない方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、ぶーぶが両建てのメリット・デメリットをまとめました!

ぶーぶもそもそもループイフダンで両建てをする必要性があるのだろうかと考えていました。

この記事では、ループイフダンの両建ての3つのメリットと4つのデメリットをお伝えして、ぶーぶとしての両建ての考え方と現在運用している方法や経過観察の結果をお伝えします。

この記事を読み終える頃には、両建てをするかしないかの判断材料が出来るようになっています。

どうぞ、お付き合いください(*^^)v

この記事で分かること
  
  • ループイフダンの両建て取引の3つのメリットと4つのデメリット

  • ぶーぶとしての両建て取引の見解

  • 運用方法と実績公開

そもそも両建て取引とは? l ループイフダン

まず初めに、両建て取引を簡単にお伝えいたします。

両建て取引とは
  • 買い注文(ロング)と売り注文(ショート)をする
  • どちらも一緒に運用する方法

画像で表すと下記のような感じです。

▼ループイフダンの両建てイメージ図

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - loopisdown inet ryoudate 1024x664

この画像では、買いも売りもエントリしている状況で、110円で買いで約定して、130円で決済。同時に130円で売りで約定して、110円で決済した流れです。

その為、価格帯が行ったり来たりしている相場では、利益の取りこぼしが無い状況です。

アイネット証券では、両建て取引を推奨はしていないものの、効果があるとも伝えています。

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - loopisdown inet ryoudate plan1
※画像:アイネット証券

両建てが有効なのかそうではないのか、今から3つのメリットと3つのデメリットをお伝えいたしますので、考えてみましょう!

ループイフダン両建て 3つのメリット・デメリット

ループイフダンの両建ては3つメリットと3つデメリットがございます。

ループイフダン両建ての3つのメリット

両建てのメリット

・1 証拠金が買いか売りの大きいほうでOK
・2 利益は単純に2倍
・3 どのような相場でも一定の収益が上がりやすい

両建てメリット① 証拠金が半分

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - loopisdown inet ryoudate plan2

本来ならば、買いと売りの両方に約定する両建ての場合、取引証拠金はどちらの約定注文も必要となります。

しかしながら、アイネット証券のループイフダンは取引数量の多い注文の証拠金があれば運用することが可能です!

そのため、本来、両建て取引するよりも、少ない資金でも両建て取引することが可能です。

両建ての取引証拠金例
  • 買い注文:20.000通貨で取引証拠金が20万円
  • 売り注文:10,000通貨で取引証拠金が10万円

この場合は、買い注文の取引証拠金20万円のみで運用することが可能です。

両建てメリット② 利益は2倍!!

通常のループイフダンは

【買い(B)】 ⇒ 価格が上昇すると利益が出やすい

【売り(S)】 ⇒ 価格が下がると利益が出やすい

という感じですが、両建て取引ですので、どちらに進んでも利益が出る仕組みです。

アイネット証券のループイフダンであれば、さらに取引証拠金も大きい取引のみとなりますので、利益を稼ぎやすくなっています。

両建てメリット③ どんな相場でも安定収益

通常のループイフダンは【買い】か【売り】を予想して運用します。

両建ての場合は、【買い】と【売り】の両方にエントリーしていますので、どのような相場でもある程度安定した利益を得られるようになります。

ループイフダンの3つのデメリット

両建てのデメリット

・1 スワップポイントが必ずマイナス
・2 常に含み損が発生する
・3 決済するタイミングが非常に難しい

両建てデメリット① スワップが必ずマイナス

両建てのデメリットとして、必ずスワップポイントがマイナスになります。

アイネット証券の1000通貨辺りのスワップポイントのマイナス分を調査してみました。

全ての通貨で毎日マイナスが発生することは間違いありませんね。

両建て運用する場合、必ずスワップポイントがマイナスになることを認識しなければいけません。

ドル円で確認すると、1000通貨を1エントリーした場合、1日辺りのスワップポイントは-7円となります。

100日運用して、エントリー本数が5本だった場合、

[marker][color color="ff0000"]-7円 × 5本 × 100日 = -3,500円[/color][/marker]

となります。

両建てデメリット② 常に含み損が発生する

両建て運用となりますので、必ず含み損が発生します。

先程の両建ての画像で説明するとこのような感じです。

▼両建ての含み損例

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - loopisdown inet ryoudate2 1024x557

レンジ相場の中心付近では2倍の速さで利益を生み出しますが、両端は利確されずに残る状況となります。

そのため、必ず含み損を抱えたまま運用することとなります。

実際のチャートでは下記のような感じです。

▼ドル円チャート

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - loopifdown ryoudate chart 1024x496

この買いと売りの含み損はレンジ相場をどちらかに突破するか、取引を終了しない限り決済することはできません。

両建てデメリット③ 利益は2倍だが、リスクも2倍!

通常のループイフダンは【買い】か【売り】の片側で運用するため、ロスカットも運用した逆に進んだ場合のみとなります。

しかしながら、両建ての場合はどちらに進み過ぎてもロスカットにかかってしまうリスクがあります。

つまり、[color color="#ff0000"][marker]通常よりもロスカットのリスクが2倍になってしまいます。[/marker][/color]

本来、FX取引やリピート系自動売買ソフトを運用する時は、リスクをできるだけ低く設定して運用します。

ループイフダンの両建ては最初からリスクレベルを上げて運用することとなりますので、非常に危険な運用となります。

両建てデメリット④ 決済するタイミングが難しい

両建て取引の決済タイミングは、ループイフダンに限らず、通常のFXでも非常に難しいです。

取引状況は含み損を抱えた状態となりますので、どこで決済すれば利益が取れるだろうかなどと迷いが生じて、決済するタイミングを損なう場合があります。

実はトレーダーでも両建て取引は難しい方法です。

ループイフダンの両建ての結論

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - .jpg

にゃーん
メリットとデメリットは分かったけど、結局どっちがいいにゃ?
ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - .jpg

ぶーぶ
ぶーぶとしては、両建てはお勧めできません!

ぶーぶとしてはループイフダンの両建て取引はお勧めできません。

確かに、取引方法の考え方で両建てすることも可能です。

しかしながら、それ以上に[color color="#ff0000"][marker]ロスカットが2倍・両建ての決済ポイントが難しいというデメリットは、今まで両建て取引を経験したことが無い方にとって、リスクしか生じません。[marker][/color]

FXやループイフダンでは、基本的にリスクを少なくしながら、長期運用を行うことを目的としています。

そのためには、目の前の利益よりも継続して運用できるかが重要となります。

通常のループイフダンの運用を心がけていきましょう(^^♪

それでも両建て取引してみたい!!という方に

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - .jpg

にゃーん
せっかくだから、両建て取引の方法をおしえてほしいにゃ

両建て運用する場合、ルールをある程度決めてから運用する必要があります。

ルールを決めるために、先程のデメリットをおさらいしましょう。

1:スワップポイントのマイナスは気にならない

両建て運用すると、毎日損が発生しますが、正直にお伝えするとあまり大きな損失ではありません。

先程のスワップ表を再度確認してみましょう。

 

ループイフダンの
スワップポイント
買い 売り 差額
米ドル/円 63円 -70円 -7円
ユーロ/円 -17円 11円 -6円
ポンド/円 30円 -36円 -6円

カナダドル/円

42円 -52円 -10円
豪ドル/円 26円 -38円 -12円
NZランド/円 20円 -36円 -16円
トルコリラ/円 70円 -87円 -17円
南ア・ランド/円 12円 -20円 -8円
スイスフラン/円 -38円 25円 -13円
ユーロ/ドル -93円 80円 -13円
豪ドル/ドル -28円 18円 -10円
豪ドル/NZランド 2円 -12円 -10円
メキシコペソ/円 13円 -28円 -15円
NZランド/ドル -25円 15円 -10円

※1:単位 円  ※2:参照期日 2019年10月21日 

確認してもらえれば分かりますが、1日辺り-10円程度となります。

多分、運用しているときはスワップポイントのマイナスはあまり感じないはずです。

2:限定幅の運用でリスクや含み損を回避

リスクのデメリットは両端の無駄ポジを持たないようにすることと、ロスカットを避けること、決済タイミングを設定することです。

▼ドル円(USDJPY)のチャート表

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - loopifdown ryoudate chart3 1024x464

そのため、買い注文と売り注文の運用停止位置・ロスカットを設定してみました。

両建ての運用の取り決め

・【買い注文】 ① 109円付近で運用停止(無駄ポジ回避)
           ②104.5円付近で強制決済(これ以上の損失を防ぐ)

・【売り注文】 ①104.5円付近で運用停止(無駄ポジ回避)
        ②109円付近で運用停止(これ以上の損失を防ぐ)

こんな感じで設定してみました。

その他の通貨で両建てする場合も、同じように両端を無駄ポジションを回避する場所を考え、ロスカットする場所を設定しましょう!

ループイフダンの両建てを運用してみました!

ぶーぶも10月21日からドル円で【B50】と【S50】でデモ運用を開始しました。

どのような結果になるかこれから感じ取っていきましょう(^^♪

経過は後日ご報告いたします。

ループイフダンの両建てはデモから開始

ループイフダンの両建てを運用したい場合、まずはデモで運用してみましょう。

運用方法の確認や実際の運用で感じ取れることが非常に多いですし、操作ミスも少なくなります。

しっかりと疑問点を無くした後、実際に運用を行いましょう。

デモトレードの設定方法はこちらから確認することができます。

[getpost id="718"]

両建て取引の練習を行いましょう。

まとめ~ループイフダンの両建てを推奨しないけど、運用は可能

ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法! - loopifdown ryoudate top2 1024x576

今回ご説明した内容で、ループイフダンの両建て取引は非常に難しいと感じ取れたのではないでしょうか。

正直、通常のループイフダンでも十分に利益を稼ぐことは可能です。

そのため、リスクを上げることは退場を早める可能性が高まります。

運用する場合はしっかりとデモトレードで練習して、両建て取引を開始しましょう。

それでは、最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のまとめ
      
  • 3つのメリット
    ①証拠金半分 ②利益2倍 ③どんな相場でもOK

  • 4つのデメリット
    ①スワップマイナス ②リスク2倍 ③無駄ポジ ④決済が難しい

  • 結論:両建ては難しいから推奨しない!
    ※運用したい場合、デモ運用から

現在、両建て運用をぶーぶは開始しましたので、経過報告を行います。

その運用中、色々な気付きがあると思いますので、皆様にも共有させていただきます。

-ループイフダンの両建てを推奨しない4つデメリットと運用方法!
-, , , ,

Copyright© ぶーぶとにゃーんのFX投資クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.