ループイフダンの取引コストは最安!スプレッド・スワップを徹底調査 - loopifdown inet fx cost spread top

ループイフダンの取引コストは最安!スプレッド・スワップを徹底調査

2019年10月10日

どーも!ぶーぶ簡単FX投資クラブのぶーぶです!

ループイフダンの取引コストは最安!スプレッド・スワップを徹底調査 - .jpg

にゃーん
ループイフダンのスプレッドや手数料って低いのかにゃ?
ループイフダンの取引コストは最安!スプレッド・スワップを徹底調査 - .jpg

ぶーぶ
しっかりと調査しました!

にゃーんのようにループイフダンを運用した時にかかるコストを気になっていませんか?

実は、ループイフダンの運用を始めている人でも各社との違いを理解していない状況です。

なぜなら、 コストは大きく利益に関係が無いと思っているからです。

この記事では【ループイフダンのコストは安いのか!?】を徹底調査しました。

記事を読み終える頃には、今後、ループイフダンのコストについて理解が深まり、低コストであることを認識できる状況になっています。

この記事で読んで分かること
  • ループイフダンのコストは安い
  • ループイフダンのコストを各者と比較資料
    1:スプレッド
    2:取引手数料

FX・自動売買取引にかかる手数料(コスト)とは

まず、リピート系自動売買システムに限らず、外国為替(FX)取引を行う場合、必ず3つのコストが発生しています。

3つの手数料とは[marker][color color="#ff0000"]①【取引手数料】②【スプレッド】③【スワップポイント】[/color][/marker]です。

1:取引手数料

取引手数料とは、取引1回ごとにかかる費用のことを指します。

外国為替(FX)取引の場合、必ず2回取引を行います。

[marker]取引の注文の約定(1回目)と取引の決済(2回目)[/marker]の2回です。

仮に取引手数料が1回30円であれば、1回の取引を完了させるためには、往復分(2回)の手数料60円が発生します。

ループイフダンの取引コストは最安!スプレッド・スワップを徹底調査 - triauto traripi loopifdown 1 1024x545

2:スプレッド

スプレッドとは、通貨を買うときの値段【買値(ASK)】と通貨を売りたいときの値段【売値(Ask)】の価格差のことを言います。

この差は、取引を行うと、証券会社に手数料として支払っています。

簡単に言うと、[marker][color color="#ff0000"]スプレッドの差が狭ければ狭いほど、トレーダーは利益を上げやすく、証券会社は利益を上げにくくなります。[/color][/marker]

ループイフダンの取引コストは最安!スプレッド・スワップを徹底調査 - triauto traripi loopifdown 3 1024x212

外国為替(FX)取引を行う時、仮に【買い】で約定すると、最初はスプレッド分、マイナスで開始されます。

その理由はこのBidとAskのスプレッドによるものです。

3:スワップポイント(金利差)

スワップポイント(金利差)とは、外国為替取引を行う場合、必ず2か国通貨ペア(USD/JPYやEUR/USD等々)で取引を行います。

高金利通貨を買い、低金利通貨売ることで、毎日金利差が生じます。

その金利差がスワップポイントになります。

ループイフダンの取引コストは最安!スプレッド・スワップを徹底調査 - swappoint example

スワップポイントは取引コストではありませんが、通貨ペアの取引内容によっては、毎日利益や損失が発生します。

そのため、長期運用する場合、スワップポイントも非常に重要なポイントとなります。

4:取引コストのまとめ

外国為替(FX)取引の取引コストとは、

[marker]【取引手数料(2回分)】と【スプレッド(2回分)】と【スワップポイント(毎日)】[/marker]になります。

ループイフダンの取引コストは最安!スプレッド・スワップを徹底調査 - fx allcost 1 1024x463

今後、外国為替(FX)取引に関わっていく場合、この取引コストをしっかりと意識する必要があります。

取引コストは長期運用すればするほど、非常に大きなコストとなります。

運用者の利益に直結することになりますので、しっかりと覚えておきましょう。

もし、取引コストが他の証券会社よりも高い場合、運用を続けるべきなのかを見極めていく必要もありますので、ご認識ください。

ループイフダンのコスト比較(スプレッド・手数料・スワップ)

ここからは、ループイフダン、トライオートFXとトラリピのコスト比較をご説明します。

1:スプレッド

▼ループイフダン・トライオート・トラリピのスプレット表

通貨 ループイフダン トライオートFX トラリピ
米ドル/円 2.0 0.3 3.0
ユーロ/円 3.0 0.5 4.0
ポンド/円 5.0 1.0 1.1

カナダドル/円

5.0 1.9 4.3
豪ドル/円 4.0 0.6 5.0
NZランド/円 6.0 1.7 7.0
トルコリラ/円 7.0 6.5 6.0
南ア・ランド/円 7.0 1.8 2.3
スイスフラン/円 4.0

2.0

-
ユーロ/ドル 2.0 6.0 3.0
豪ドル/ドル 4.0 1.4 4.4
豪ドル/NZランド 6.0 5.8 -
メキシコペソ/円 7.0 - 1.0
NZランド/ドル 6.0 2.0 3.3

※1:単位 pips  ※2:参照期日 2019年10月17日 

スプレッドに関しては、トライオートFXが一番安いですが、トラリピよりもループイフダンの方が安い状況です。

一番メジャー通貨であるドル円(USD/JPY)に関しては、トライオートFXから比較すると、ループイフダンは7倍ものスプレッドの差が生じています。

スプレッドではトライオートFXに軍配が上がります。

2:取引手数料

次に取引手数料を見ていきましょう。

▼ループイフダン・トライオート・トラリピの取引手数料表

取引量
(往復)

ループイフダン トライオートFX トラリピ
1000通貨 無料 40円 無料
10,000通貨以上 無料 20円 無料
100,000通貨以上 無料 10円 無料
500,000通貨以上 無料 無料 無料

※2019年10月17日調査

取引手数料は[color color="#ff0000"][marker]ループイフダンとトラリピが完全に無料[/marker][/color]です。

これは企業努力の賜ですね!

トライオートFXも取引通貨量が上がっていけば、取引手数料は無料になりますが、500,000通貨を運用できる人は中々いないのではないでしょうか(;゚д゚)ゴクリ…

3:スワップポイント(金利差)

最後にスワップポイントを確認しましょう!

▼ループイフダン・トライオート・トラリピのスワップ表

通貨 ループイフダン トライオートFX トラリピ
米ドル/円(買い) 70 55 6
ユーロ/円(売り) 11 2 2
ポンド/円(買い) 26 15 28
カナダドル/円(買い) 40 25 10
豪ドル/円(買い) 20 10 2
NZランド/円(買い) 20 10 3
トルコリラ/円(買い) 70 78 15
南ア・ランド/円(買い) 13 8 4
スイスフラン/円(売り) 20 10
ユーロ/ドル(売り) 80 80 34
豪ドル/ドル(売り) 19 11 15
豪ドル/NZランド(買い) 2 0
メキシコペソ/円(買い) 12 11
NZランド/ドル(売り) 14 16 14

※1:単位 pips  ※2:参照期日 2019年10月17日 

スワップポイントを比較しても、[marker][color color="#ff0000"]ループイフダンがトライオートFXやトラリピよりも上回っています。[/color][/marker]

なお、ループイフダンのアイネット証券とひまわり証券のスワップポイント比較です。

ループイフダンの
スワップポイント
アイネット ひまわり 差異
米ドル/円(買い) 63円 50円 +13円
ユーロ/円(売り) 11円 0円 +11円
ポンド/円(買い) 30円 10円 +20円

豪ドル/円(買い)

26円

15円

+11円

ユーロ/ドル(売り) 83円 80円 +3円

※1:アイネット証券のスワップポイント表:10月25日

※ひまわり証券のスワップポイント表:10月16日

低コストはループイフダンがNo1:具体例

それでは、最後にループイフダン・トライオートFX・トラリピが実際に取引した場合にかかる、取引コストを確認しましょう!

取引コストを確認するための条件は下記になります。

取引条件

・1 取引通貨はドル円(USD/JPY)
・2 取引通貨量は1000通貨
・3 往復の取引(約定と決済)
・4 利益は1,000円だった
・5 取引期間は1日

▼結果はこちらです

 

ループイフダン トライオートFX トラリピ
取引の利益 1,000円

1,000円

1,000円
取引手数料
(往復)
無料 -40円 無料

スプレッド
(往復)

-40円 -6円 -60円

スワップポイント

+70円 +55円 +6円
最終獲得利益 1030円 1009円 946円

※1:2019年10月17日調査

今回調査した結果、[marker][color color="#ff0000"]1000通貨の場合、コストが一番安かったのはループイフダンでした![/color][/marker]

特にループイフダンとトラリピの取引コストの差異は約100円も違う結果となりました。

ループイフダンのコストは安いのか!?スプレット・手数料を徹底調査~まとめ

ループイフダンの取引コストは最安!スプレッド・スワップを徹底調査 - loopifdown inet fx cost spread top2 1024x570

今回ご説明した内容で、ループイフダンがトライオートFXやトラリピと比較して低コストであったことを理解できないのではないでしょうか。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のまとめ
      
  • ループイフダンが一番取引コストが安い!

  • スプレッドは普通

  • 取引コスト無料

  • スワップポイン(金利差)は他よりも多く受け取れる

リピート系自動売買システムの場合、取引回数も多くなります。

しかしながら、約定してから長期保有することも多いため、スワップポイントの影響も非常に大きくなります

初心者や忙しい方にとってはトラリピよりもループイフダンの方が運用しやすいですね!

取引コストは利益に直結していきますので、しっかりと覚えて、運用するように心がけましょう!

その次の基礎編では、現在ループイフダンを提供する会社はアイネット証券とひまわり証券の2社です。

ループイフダンはどちらの証券会社を開設した方が良いのかを説明していますので、ぜひご覧ください。

[getpost id="900"]

-ループイフダン, ループイフダンのコストは安いのか!?スプレッド・手数料を徹底調査, ループイフダン基本情報
-, , , , ,

Copyright© ぶーぶとにゃーんのFX投資クラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.