この記事ではPlustoken(プラストークン)について基本情報やメリット、デメリット、将来性や始め方を解説します。

Plustoken(プラストークン)は専用のウォレットに資産を預けるだけで利益が出る魅力的な暗号資産(仮想通貨)です。特徴や注意点を踏まえて、どのような暗号資産(仮想通貨なのかおさえましょう。

Plustoken(プラストークン)の概要

Plustoken(プラストークン)は、預けた資産が自動的に増えていくウォレットです。また、運営側独自の暗号資産(仮想通貨)も発行されています。

専用ウォレットへの登録は無料で行え、預けた資産の月利10%ほどの配当がもらえる仕組みになっています。複利運用も可能ですので、効果的な資産運用もできます。

セキュリティ面においても水準が高く、本人以外の出金はできないようになっています。

Plustoken(プラストークン)の基本情報

プラストークンの基本情報は以下をご覧ください。

Plustoken(プラストークン)が月利10%になる仕組み

Plustoken(プラストークン)はウォレットに預けるだけで資産を増やすことができます。しかし、それだけを聞くと「なぜ、月利で10%もの配当が出るの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

まずは、Plustoken(プラストークン)の仕組みについて解説します。

「AI-Dog」によるアービトラージ

Plustoken(プラストークン)が月利10%になるのは「AI-Dog」と呼ばれるAI(人工知能)によるアービトラージによるものです。

アービトラージとは複数の取引所間において、銘柄の価格差を利用した儲けの出し方です。具体例をあげると、ビットコインの価格が取引所Aで40万円、取引所Bでは40万5000円だとします。

その場合、取引所Aでビットコインを購入して取引所Bで売却すれば5000円の利益になります。このように取引所間の価格差を利用して儲けを取るのがアービトラージです。

アービトラージは日本名称で「裁定取引」です。また、「さや取り」とも呼ばれFX取引では用いられる投資方法でもあります。取引所間の価格差を利用するだけでチャート分析など、難しい知識を必要としないため初心者向けの方法でもあります。

Plustoken(プラストークン)ではAIを使ったアービトラージを行うことで、日利0.33%、月利にすると約10%になります。人間の操作で売買をしないため、利益を取ることが可能になるのです。

最低運用額は500ドル、日本円で約56000円を預けると1ヶ月後には約61000円になる計算になります。 

複利運用も可能ですから、預けた状態をキープすれば利子で受け取った金額にも利子が上乗せされていきます。堅実に資産運用したい人にはPlustoken(プラストークン)は適しているでしょう。

販促広告費として配当を出している

Plustoken(プラストークン)は「取引所としての規模拡大」と「独自システムによる実店舗決済拡大」を目標にしています。

そこで重要になるのはユーザーの確保です。ユーザーを確保するために、プラストークンの運営元は既存ユーザーに広告費として配当を多く出しているのです。

広告はどのような企業にも重要な役割を果たします。サービスを利用してもらうには、どのような内容なのかを知ってもらう必要があります。

Plustoken(プラストークン)は広告費として配当を出し、ユーザーに対して優遇しています。配当をしっかりと出すことで、口コミの効果から新規ユーザーの獲得につなげています。

昨今のSNSの普及に目をつけ、口コミの力を存分に活用しているわけです。

Plustoken(プラストークン)の特徴やメリット

ここからは、Plustoken(プラストークン)の特徴やメリットを5つ取り上げ、解説していきます。

世界100カ国以上に広まっている

Plustoken(プラストークン)は登場から世界各国にユーザーが存在します。ユーザーは中国や韓国を中心に、世界100カ国に及びます。もちろん、日本にも登録者がいます。

1日に1万人以上のユーザーがダウンロードしていたこともあり、日々、登録者が増えています。登録者数が1000万人に到達などで、配当期限になります。利用をお考えの方は公式サイトを適宜、確認し申し込みを検討しましょう。

暗号資産を保管しているだけで儲けが出る

Plustoken(プラストークン)の最大のメリットといえるのは、預けているだけで儲けが出ることです。株やFX、投資信託、仮想通貨など資産運用の際はリスクが少なからず生じます。

しかし、Plustoken(プラストークン)はAI運用や広告費としての配当などから利益が出るような仕組みです。資産の目減りなどのリスクが気になって資産運用に踏み出せない人にはおすすめできる投資案件です。

寝ているときでも、仕事をしているときでも、遊んでいるときでも資産が少しずつ増えていくのは非常に魅力的です。

セキュリティ体制も抜群

Plustoken(プラストークン)は出金時に顔認証が導入されています。一般的に暗号資産を取引所やウォレットから出金する場合、IDやパスワードの入力や二段階認証が必要です。

それだけでもセキュリティ水準は保たれていますが、フィッシング詐欺などに遭うとこログイン情報が抜かれてしまいます。 

ところが、顔認証を導入すると本人以外は一切、出金ができません。顔認証は最高レベルのセキュリティといってもいいでしょう。

東南アジア初、STO取引所

Plustoken(プラストークン)は2018年11月に東南アジアでは初めてのSTO取引所の認可を取得しています。

STOは「セキュリティ・トークン・オファリング」の英語表記の頭文字を取っています。セキュリティは安全性という意味ではなく、有価証券のことです。

よって、セキュリティトークンとは証券と認められているトークン(仮想通貨)になります。株式と似ているものと考えてもいいでしょう。 

STOはアメリカにある証券取引委員会監視でトークンを発行しているため、規則に則ったトークンです。

仮想通貨界ではICO(イニシャル・コイン・オファリング)が有名になり、簡単に資金調達が可能になりました。しかし、詐欺的なプロジェクトも多く度々、問題視されていたのも事実です。

その点、STOであればトークンの信頼性からも安全な投資ができるといえます。

出金はいつでも可能

Plustoken(プラストークン)は出金がいつでも可能になっています。AI-Dogを使った運用している通貨に関しても手数料を支払い、出金ができます。

当たり前のことに思えますが、仮想通貨のウォレットによっては送金後にロックされて自分の好きなときに出金できないこともあります。

Plustoken(プラストークン)のウォレットであれば、預けた資産はAI-dogを使っているかどうかに関わらず好きなタイミングで出金ができて、効果的な投資が可能です。

ただし、注意点として運用中の仮想通貨は1ヶ月以内に引き出すと手数料5%になります。それ以降に引き出す際は手数料が1%です。

また、複利運用で追加投資をした場合は、追加分はその日から日数縛りのカウントが始まります。手数料は再投資から1ヶ月以内なら、再投資金額分だけ5%の手数料が発生します。

Plustoken(プラストークン)の注意点やデメリット

専用ウォレットに預けると自動的に資産が増えていくPlustoken(プラストークン)。どんな人でも魅力的に感じるはずです。しかし、覚えておきたい注意点やデメリットもあります。

登録には紹介コードが必要

Plustoken(プラストークン)を利用するには、紹介コードが必要です。紹介コードはすでにPlustoken(プラストークン)を利用している人からもらうか、バージョンアップの際は公式サイトでもコードが発行されています。

紹介コードを利用した登録は問題なさそうに思えます。ただし、紹介した人には報酬が支払われます。いわゆる、MLM(マルチ商法)による展開がなされています。

MLM自体は問題ではありませんが、どうしても違法なイメージを持つ人もいます。違法なMLMは加入前にリスクの説明がなかったりします。

ところが、Plustoken(プラストークン)は公式サイトではウォレットをどう使うかは自己判断により運用する旨で記載されています。登録作業を代行する勧誘にも気をつけるように注意喚起もあります。

運営元はユーザー獲得をしたいものの、無理な勧誘を行っていないこともわかります。ともあれ、プラストークンを利用するには紹介コードが必要になります。

コードを獲得するのが手間に思える人もいるかもしれません。

スマホアプリはストアからのダウンロードができない

プラストークンはパソコンで管理はできません。スマホアプリにより管理していきます。スマホアプリはiPhoneであってもAndroid端末であっても、アプリストアから購入するのが一般的です。 

ところが、プラストークンはアプリストア内で検索しても表示されません。つまり、アプリストアからの購入はできないのです。(iPhoneならばApp Store、Android端末はplayストア)

プラストークンのアプリをダウンロードするには公式サイトを経由する方法になります。アプリストアでダウンロードできないことが意味するのは、アプリとしての信頼性です。

Apple社、Google社がアプリのセキュリティ面などを懸念して、ストア登録しないのかもしれません。もしくは、MLMによる普及を展開しているため、簡単にストア登録ができない状況とも考えられます。

アプリストアで扱っていない理由は定かになっていませんが、安心感に欠ける部分といえます。

詐欺案件ではないかと噂が絶えない

ここまで、Plustoken(プラストークン)のメリットや特徴を読んだ人は「自分もPlustoken(プラストークン)で運用してみよう」と考えるでしょう。

いざ「Plustoken(プラストークン)」とインターネットで調べると詐欺案件ではないかとの意見が非常に多く見られます。理由はいくつかあると考えられますが、やはり、「確実に利益が出せる」ところが怪しまれているのでしょう。

暗号資産(仮想通貨)に限らず、株やFXでも投資をすれば「確実」という概念はだにくいです。その点から怪しまれている可能性があります。

例えば、Plustoken(プラストークン)が広まっている中国では調査した人の結果が公開され、運営元情報がわからない点や分散型ウォレットとしては業界基準を満たしていないことを指摘しています。

また、別の記事でもPlustoken(プラストークン)は詐欺やネズミ講との内容で発信されていました。国内においても、否定的な情報発信をするサイトや動画が多数あります。

 ところが、多くの疑念に対して見解を述べるサイトもあり、例えば、アプリストアに登録しないのはMLMでの展開を継続したいからという意見が出ています。アフィリエイトのようにMLM方式での展開をするとApple社やGoogle社は登録を認めにくいと考えられます。

そのため、あえてプラストークンの運営側はストア登録の申請を出していないことも考えられます。 

公式サイトが複数ドメインで運営されていることも問題視されやすいですが、ハッキングなどの被害を防ぐためとも考えられます。

何が本当なのかは実際に自分が行わないとわかりませんので、情報だけに惑わされないことも大切です。

Plustoken(プラストークン)の始め方

プラストークンはスマホアプリにのみ対応しています。ここでは、登録の仕方を中心にPlustoken(プラストークン)の始め方を解説します。

iOS版かAndroid版を選択

まずは次のリンクからiOS版(iPhone)かAndroid版の選択をしてください。(スマホでアクセスしてください)

iOS版 

Android版 

アクセス後はアプリをダウンロードします。ダウンロードはバージョンの新しい方で行います。

ダウンロードは新しいバージョンを選びましょう。ダウンロード後はアプリを開き「登録する」をタップしてください。

アプリを開いた段階では日本語表示ではありませんので、「Language」で日本語に直しましょう。(ただし、不自然な日本語になっている)

必要事項を入力し、登録

「登録する」をタップすると規約への同意画面が現れますので、同意して「次のステップ」を選びます。その後、各種入力欄が表示されますので上から順番に入力します。

最後に「次のステップ」をタップしましょう。

認証を行う

各種入力が終わると、認証画面が現れます。表示された英数字をスクリーンショットかメモに控えるなどしてください。

控えたら「次のステップ」をタップします。次の画面では先に表示された英数字を4字ずつに区切って並べていきます。

最後は「次のステップ」をタップしてください

秘密鍵を控える

最後の段階として、秘密鍵が表示されますので控えてください。秘密鍵は銀行口座の暗証番号のようなものですので、大切に保管しましょう。 以降、アプリを開いたらメールアドレスとログイン用パスワードを入力すると利用できます。

Plustoken(プラストークン)に将来性はあるのか

メリットも不安な噂も色々とあるプラストークンですが、ここからは将来性を考えていきます。

STO取引所認可によるユーザーの増加

プラストークンはSTO取引所認可の取得を果たし、今後は取引所のオープンも考えられています。

STOは先ほども解説したように、トークンとしては信頼性の高いものです。信頼性が高まると投資家の注目度が増えるでしょう。投資家が注目するとなれば、独自の仮想通貨であるPLUSの価値工場も考えられます。

PLUSの価格向上により、プラストークンのユーザーの急増にもつながるでしょう。現状では、専用ウォレットでの資産運用が主流ですが取引所がオープンするとPLUSの取引も活発になり、利益を出していくことが可能になります。

取引所ではイーサリアム、ビットコイン、リップル、ライトコインなどの仮想通貨に好感ができると見込まれています。

PLUSの価格は今後も上昇する可能性が高い

Plustoken(プラストークン)内で使える仮想通貨、PLUSは2018年5月の1PLUS=約96円から順調に価格を伸ばし、2018年12月には2000円を突破しています。半年程度で25倍ほどの価格上昇を見せています。

今後も価格の上昇は大いに見込まれます。理由として、PLUSは運営元のサービス内で利用されている通貨だからです。取引所がオープンされれば、仮想通貨市場の影響を受けます。

しかし、今の所、サービスに紐づけられた暗号資産であり、市場の影響を受けにくくなっています。ウォレットから送金した際の手数料などはPLUSが使われるため、ユーザーにとって必要不可欠な仮想通貨でもあります。

Plustoken(プラストークン)の利用者がいる限り、PLUSは必要です。運営元の自社通貨であるPLUSはユーザーがいる限り、価格を下げにくいと考えられます。

Plustoken(プラストークン)で資産を増やしていこう

Plustoken(プラストークン)は資産を専用のウォレットに預けるだけで、増えていく魅力があります。否定的な噂はありますが多くのユーザーがいるのも事実です。

配当期限の設定もありますので、運用を考えている人は早めの登録をしましょう。

公式LINE@で暗号資産の投資仲間を募集中Buu


  • 1:暗号資産(仮想通貨)の最新情報
  • 2:おすすめの配当・複利の投資方法
  • 3:IEO、ICOの情報
  • 4:ブログでは公開していない情報
  • 5:暗号資産以外の投資方法 等々


ぶ~ぶのブログではお伝え出来ないタイムリーな情報、暗号資産(仮想通貨)・IEOや配当や福利情報に関する内容なども不定期で配信しています。分からないことや気になったことなども気兼ねなくご連絡してください。よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

ぶ~ぶのフォローをお願いします。

おすすめの記事